日本自律神経整体協会

当協会の理念

自律神経症状で悩まれている方は病院での検査は異常なしと原因不明で不安になられています。第2の選択肢として、自律神経整体が 認知されるための活動と自律神経症状を確実に改善に導ける治療家育成を行っています。  

協会の活動

現在、日本自律神経整体協会では代表の岩城が在籍する香川県高松市の「株式会社K-style / いわき整骨院」を本部とし全国へ活動を行っています。H29年3月現在までに認定会員数は約90名。ただし、同県に複数の認定会員がいる為、全ての都道府県に支部を設置できていないのが現状です。(支部設置済みの都道府県はメニューの「認定治療院の紹介」をご覧ください。)
全国3都市(東京・大阪・福岡)にて全国の自律神経症状でお困りの方を救うべく、セラピストの育成(セミナー)を行っております。今後、認定会員が増えていくことで転居などにより治療継続が困難になる場合でも、転居先でまた同じ治療が行えるような仕組みづくりを行っています。
当協会主催による講演会も行っております。H28年12月には小児科医の「本間真二郎先生」を香川県へお招きし、四国初となる「ワクチンセミナー」を行いました。(詳細は活動報告の「H28.12.4 ワクチンセミナー in KAGAWA」をご覧ください。)参加者のほとんどの方に満足していただき、大変有意義なセミナーとなりました。今後もワクチンだけに限らず、皆様にとって生活の糧となる情報を主催者として提供していきます。  

代表理事 【岩城 憲治】

中学生の頃から、大学病院で1泊2日の検査をしても原因が分からない頭痛とめまいに苦しみ、救急車で運ばれる事もしばしば・・・。 そんな時に親の勧めでカイロプラクティックを受け、首の2カ所を矯正してもらった翌日から「世の中はこんなに明るいんだ」と感動するほど劇的に体調が良くなった。 また親戚に医師、薬剤師、東京大学教授(健康関連)、看護師、鍼灸師がいた環境もあって自ずと治療家の道を歩み始める。 柔道整復師の資格を取得し、カイロ、オステ、整体、ヒーリング、気功など様々な代替療法を学ぶ。 国内に留まらず、ロサンゼルス、ニューヨークに短期渡米し一流の治療家から哲学、テクニックを学び、自分のスタイルを確立。 現在は院で毎日30~40人施術を行い、(社)日本自律神経整体協会でセラピストの育成と活動を行う。  

現在の日本と自律神経失調症

現在、自律神経失調症と診断された患者数は約65万人。 肩こり、頭痛、アトピー、花粉症、喘息などの 自律神経症状と自覚していない潜在患者数は その10倍以上650万人とも言われています。 47都道府県を単純に割ると1県138297人となります。  

うつ病患者数

日本でのうつ病患者数は平成23年のデータで320万人。 世界のうつ病患者数は約3560万人。 世界のがん患者数は約1270万人。 いかにうつ病患者が多いかわかります。 そして病院という選択肢しかない患者さんは多数潜在しています。 整体院に通われる方はごく一部です。  

他人事ではない、身近な人の病気による生活への影響

  • ・将来を担う若者の登校拒否
  • ・一家の大黒柱である夫の長期休職
  • ・家庭を支える奥さんが家事をこなせず寝込んでいる
  • ・介護の疲労や介護うつなど
病院での投薬により社会復帰している方も当然ながらおられますが、そうでない方も多数いるのが現状です。  

自律神経整体にできること

  • 自律神経失調症やうつの改善
  • アトピー改善
  • 婦人科疾患の改善
  • 自己免疫疾患の改善
  • がんの改善
  • マタニティ・産後トラブルの解消
  • 小児疾患の改善など
上記のような、病院では対処療法となってしまいがちな症状にも 当協会独自のテクニックにより根本からの改善を目指し、再発の少ない身体を作り上げることができます。    

活動報告

【H30年 婦人科疾患セミナー in Osaka】

【H30年 婦人科疾患セミナー in Osaka】   H30年4月12日に新大阪にて 【婦人科疾患セミナー】が開催されました。     ひとえに婦人科疾患と言えど 生理痛や生理不順、子宮内膜症 筋腫、卵巣嚢腫など様々な 疾患があります。   これらは自律神経とは 別物と考えられがち...

続きを読む

第三回さくら鍼灸整骨院の勉強会「更年期障害の原因、症状、食事療法、運動療法」

6月25日に三重県四日市市にある「さくら鍼灸整骨院」にて 【第三回さくら鍼灸整骨院勉強会】が開催されました!   今回は「更年期障害」の原因、症状、食事療法、運動療法について行われました。   皆さん真剣に聞いていただきありがとうございました! 勉強会の内容を載せましたので、下の画像をクリックしてご覧下さい!!   ...

続きを読む

H29.4.24 【肩こり・頭痛・自律神経の勉強会開催!】

勉強会が開催されました! 本協会の認定会員の先生でもある 三重県の大塚 紀臣先生が講師として 地域の方々へ勉強会を開催されました!   記事はこちらから↓ 【肩こり・頭痛・自律神経についての勉強会を開催しました!】 テーマ 今回行われた勉強会のテーマは... ・肩こり ・頭痛 ・自律神経 内容 一般に多くの方が抱える悩みを ...

続きを読む

症例報告

10年前からの副鼻腔炎と蓄膿症が4回で改善

  今回は、副鼻腔炎と蓄膿症の症例報告です。   人によって回数はそれぞれですが、今回の調整回数はわずか4回。 非常に早い段階で改善されました。   以前より薬を服用していたようですが 薬による改善はその場しのぎの対処療法です。 副鼻腔炎や蓄膿症になっている根本の原因を探らなければ 一生、薬とお付き合いになります。...

続きを読む

はじめに…

ここでは、当協会員の先生方から寄せられた 症例報告の数々をご紹介していきます。     自律神経症状に特化した我々のテクニックは 様々な症状に対応します。   頭痛やめまい、耳鳴りなどの代表的な症状はもちろん 首や腰の痛み、高血圧や糖尿病、ガンなどの難症状 婦人科疾患、更年期障害など挙げればキリがないほどです。 ...

続きを読む

自律神経を整えるセルフケア

偏頭痛(片頭痛)を自分で治す方法「対処療法編」

偏頭痛(片頭痛)を自分で治す方法「対処療法編」   [embed]https://youtu.be/W7nzoLYWN-E[/embed]   片頭痛 患者数 日本人全体での頭痛患者数は約4000万人と推定され 中でも「片頭痛」の有病率は約840万人とされています。 男女差 片頭痛の有病率は女性が男性と比べ3.6倍もの有病率があります。 その...

続きを読む