KNT事務局通信

キヅキネットワークがお勧めする幹細胞を使った美容効果

再生医療の発展もあり、ヒト幹細胞を使った美容商品やサービス、治療がどんどんと増えてきています。
今回はその幹細胞について触れていきます。

幹細胞とは

人間の体の中には皮膚や血液のように、寿命の短い細胞が多く存在します。これらが無くなってしまうと体の組織が保てなくなってしまうため、体の組織を補充しています。
また、ケガをしたりダメージを受けた時に失われた組織の補填もしています。

こうした働きを持つ細胞が「幹細胞」と呼ばれるものなのです。

美容に幹細胞を

幹細胞の技術を使った治療や美容に関しては解明されていないこともありますが、お肌のコンディションをよりよくしていくことが分かっています。
例えば幹細胞美容液だと「美容成分をお肌に塗り込む」だけではなく、「自分の肌細胞を活性化させる」という発想です。

では数ある美容液の中で、どのように選べばよいのでしょうか?

幹細胞の種類

幹細胞にはヒト幹細胞、植物幹細胞、動物幹細胞などがあります。

ヒト幹細胞

医療や美容において良く使われるのはヒト幹細胞です。人から採取した幹細胞を培養して、体に戻す治療が行われたりしています。
その培養の際に生まれる上澄み液(培養液)にはグロースファクターと言われる、お肌に有効といわれる成分が多く存在しています。それらが含まれたものが一般的にヒト幹細胞美容液と呼ばれています。

植物幹細胞

植物幹細胞も美容コスメなどに配合されてます。
栄養成分が豊富で細胞分裂が活性化している種子の中の胚や根っこの先、茎の付け根など成長に重要な部分に存在しているものを使用していることが多いです。
リンゴの幹細胞が多く売られているように見えます。

動物幹細胞

動物幹細胞はヒトの幹細胞と構造が良く似ていると言われる羊やブタ、馬の細胞が使われることが多いです。人の皮膚に塗布して細胞の活性化が期待できると言われていますが、アレルギー発症のリスクもあるようです。

結局どれが良いの?

個人的な見解になりますが、人にはヒト幹細胞が良いでしょう。
というのも、人間の細胞の表面には特定の機能をスタートさせる「レセプター」という鍵穴のようなものがあり、ヒト幹細胞培養液にはその穴に合致するカギとなる成長因子や活性物質が含まれています。

その鍵穴(レセプター)に合うカギ(成長因子・活性物質)を与えることで、お肌の細胞が活性化し、最も効果が期待できると考えられています。

植物幹細胞や動物幹細胞には鍵と鍵穴のような仕組みがないため、やはり人には人の幹細胞が良いと言われているのです。

まとめ

話題の幹細胞について、少しでも参考になりましたでしょうか?さらに細かく言えばヒト幹細胞の中でも脂肪細胞由来とか臍帯血由来とか色々ありますが・・・さわりだけでも頭に入れてもらえればと思います。

夏は紫外線が強く、お肌に対するダメージも特に多い季節です。せっかくの機会ですから気になった方は幹細胞コスメや整形外科などで行われている幹細胞を使った美容治療を受けてみてはいかがでしょうか?

ちなみにキヅキネットワークでもヒト幹細胞培養液を使った美容液を取り扱っています。
気になる方はお問い合わせください。

ここだけの有益な情報を…

現在、全国に約250名以上のご入会をいただいているキヅキネットワークでは、整体スクールではこれまでにあまりなかった取り組みとして「Eラーニング(動画見放題)」のシステムを導入しています。カリキュラムの動画はもちろん、随時動画の更新を行っており、様々な情報提供も行っております。

高額な料金を支払い、セミナーへ一度参加して終わりという、一度きりのお付き合いではなく、なるべく安価でしっかりと技術を習得できるよう最後までサポートできる体制を整えています。

詳しくは、下記URLをご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

キヅキネットワークについてはコチラ!
ご入会のお申込みはコチラ!

※ご紹介がなくても上記からご入会いただけます。

 

 

【キヅキネットワーク】Q&A

キヅキネットワークについてご質問や気になることのある方は、まずは下記URLを一度ご覧いただけたらと思います!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://jiritsusinkei-seitaikyoukai.com/kidukinetqa/