KNT事務局通信

与える力・もらう力・バランスをとる力

何かを行う上で、人は3つのタイプに分かれます。

何かを人に与える人(giver)。
その反対の、人から何かをもらう人(taker)。
あとはバランスを取る人(matcher)。

上記の3つのタイプが存在します。
まずはそれぞれがどんな特徴を持った人なのかを分析していきましょう

存在する3つのタイプ

与える人 giver(ギバー)

他人を中心に考えている人です。
相手が何を求めているかを常に模索し、見返りがなくても手を差し伸べることができます。
人に感謝をされることが多く、人徳という名の貯金が多く溜まっています。

その時その瞬間だけを切り取ってみると損をしているかもしれませんが、長い目で見ると、いざ困った時に助けてくれる人が多かったり、ギバーが何かを立ち上げようとした時にも、賛同する人は少なくないでしょう。
逆に困った時にうまく利用されるパターンもありますが・・・

お人よしとか、世話好きな方はギバーではないでしょうか。

もらう人 taker(テイカー)

常に与えるより得ようとして行動する人です。
自分が有益になるように、相手が望むことよりも自分の利益を優先していくタイプです。
弱肉強食の競争社会に強く、人よりも成功するためには、人よりも上にいないといけないと考える人が多いです。

悪い言い方をすれば自己中心的という言葉が合いますが、ビジネスにおいては、利益の部分も考えないといけないので、必ずしも悪とは言い切れません。

高度成長期の日本を引っ張ってきたのは間違いなくテイカーの方々でしょう。
ゴリゴリ行くタイプと思う一方で、「自分が損をしないか?」と心配性な面もあり、慎重なタイプでもあります。

 

バランスを取る人 matcher(マッチャー)

マッチャーは上記2者の中間タイプです。
与えることと得ることのバランスを考えます。何ももらわなければ与えませんし、何かを貰ったらきっちりとお返しをする律儀な人でもあります。

相手からのTAKEがあればGIVEしますし、TAKEがなけてばGIVEはしない、相手と常に対等になるように行動をします。
ギブ&テイクのどちらを優先するわけではなく、損得のバランスをとり、お互いが損も得もしないように行動します。

どちらに付けばよいか?と迷走して失敗することも多々・・・

 

どのタイプが良い!というわけではない

今回は「どのタイプが一番成功するのでしょうか?」という話ではありません。

人は誰しも3つ全ての要素を持っています。ビジネスにおいてはギバーだが、家庭内ではテイカーだ!みたいな感じです。

なのでどのタイプが良くて、どのタイプが悪いという話ではありません。
その時と場合に応じて、どの要素が強い方がよいのか?こんな時はどのタイプの人に相談すればよいのか?など、何かの人脈を探す際の判断材料の一つとして、この3つのタイプを頭の片隅にでも置いておいてください。

 

ちなみにビジネスにおいて一番成功するのはギバータイプで、一番失敗するのもギバータイプだそうです。
その理由は・・・またお伝えしますね。今回はこの辺で。

 

ここだけの有益な情報を…

現在、全国に約250名以上のご入会をいただいているキヅキネットワークでは、整体スクールではこれまでにあまりなかった取り組みとして「Eラーニング(動画見放題)」のシステムを導入しています。カリキュラムの動画はもちろん、随時動画の更新を行っており、様々な情報提供も行っております。

高額な料金を支払い、セミナーへ一度参加して終わりという、一度きりのお付き合いではなく、なるべく安価でしっかりと技術を習得できるよう最後までサポートできる体制を整えています。

詳しくは、下記URLをご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

キヅキネットワークについてはコチラ!
ご入会のお申込みはコチラ!

※ご紹介がなくても上記からご入会いただけます。

 

 

【キヅキネットワーク】Q&A

キヅキネットワークについてご質問や気になることのある方は、まずは下記URLを一度ご覧いただけたらと思います!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://jiritsusinkei-seitaikyoukai.com/kidukinetqa/