ブログ

この男、まっすぐにつき

兵庫県姫路市の彼には20歳離れた兄がいる。

両親は高齢にて彼を身篭った。周囲からは体の心配をされ中絶も考えた。しかしせっかく授かった子だからと危険を覚悟の上で出産を決意した。そんな彼は当時日本一の大きさで誕生した。
その体重はなんと4,980g。とても元気で大きな男の子だった。

彼の名前は八幡宣弘。

今では一社)日本自律神経整体協会の理事としても活躍する、一線級のセラピストだ。今回はそんな彼のストーリーをお伝えしよう。

小さなセラピストの誕生

彼の母は体が弱かった。ある時階段で転倒し、腰を強打。腰椎骨折という大怪我を負ってしまう。

今の彼なら色々とケアをしてあげられるだろうが、当時の彼はまだまだ小さい子どもで何もできなかった。しかし子どもながらに母の腰をさすり、「楽になるわ~」と喜んでくれた母の笑顔が記憶に残っている。

もしかしたらここから彼のセラピスト人生が始まっていたのかもしれない。

育まれた真っ直ぐな心

彼が小学四年生の時に母が病気で他界した。入退院を繰り返し、なんとなく周囲の雰囲気を察し覚悟はできていたらしい。「覚悟はできていた」と言ってもまだまだ子ども。母の愛に触れていたかっただろう。

父も当然仕事をしていた。冬には真っ暗な家に帰宅し、母からの「おかえり」はない。父が作り置いてくれていたご飯を一人で食べることもあった。

寂しかったであろう幼少期を過ごしながらも、彼は道を外すことはなかった。
学生時代には柔道に打ち込み、しっかりと成績を残すぐらい真面目に取り組んだ。もちろん怪我も絶えなかったが、腐ることなく高校を卒業するまで熱心に柔道に打ち込んだ。

何があっても突き進むその心はこの頃から育まれていたのだろう。その背景にはきっと亡くなった母と、残された父の広くて深い愛情があったからに違いない。

湧き出す思いは止められない

その後、サラリーマンとして社会人生活を送るのだが、体のケアに興味を持ち始めた。柔道部時代に怪我が絶えなかったこともあったので、自然と興味が沸いたのだろう。

興味を持った時の彼はすごい。とにかく行動に移す。

サラリーマンを続けながら整体スクールに通った。整体だけではなく、リンパドレナージュなど、気になったものはとことん勉強をし実践を続けた。サラリーマンは辞めず、二足のわらじで自宅にて整体を始めた。

そんなある時、整体の現場で意識を向けると体が変化することに気がついた。しかし当時の彼はそれがなぜなのか?本当に意識で変化しているのか?全く腑に落ちないまま整体を続けた。

そんな時にキヅキヒーリングに出会った。

エネルギーヒーリングといえば、今となっては珍しくなくなったが、当時はまだまだ眉唾物で「怪しい」と思う人の方が多かった。
しかし彼は違う。「これだ!」と思い、すぐさま体験会に申し込み参加した。

答えとの出会い

彼の第一印象はとてもよく覚えている。

参加者の中で誰よりも大きな体で一番前の席に座り、岩城の話す一言一言を食い入るように聞き、岩城の施術を身を乗り出して真剣な眼差しで見ていた。

彼の直感は正しかった。キヅキヒーリングこそ彼の求めていた施術だった。すぐに入会をし、勉強に励んだ。開催される全てのセミナーに彼の姿はあった。大阪でのセミナーはもちろん、神戸でのセミナーや海を渡って香川県にも毎月のように通っていた。

そんな真っ直ぐで努力家の彼は当然の如く、全てのカリキュラムをマスターし、師範試験も合格。全てをマスターしたことで、腑に落ちなかったもの全てが解消された気がした。

見えないゴールとスタート地点の再確認

彼がすごいのはここからだった。

普通は師範になると一通り学び終えたこともあり、努力が失速したり、退会される方もいる。しかし彼のゴールはそこではない。

その後もほぼ全てのセミナーに彼の姿はあった。「もっと色々なことを知りたい!まだまだ学び足りない」という彼の熱意が運営サイドにも伝わっていた。

師範になってからも毎月海を渡って香川のセミナーに参加し、国を超えてグアムで開催されたヒーリング合宿にも参加してくれた。彼を一番近くで応援してくれた神戸のリーダーのところにも参加した。

この頃にはサラリーマンを辞め、整体師として一本化していた。自院の運営もあるから大変だっただろう。それに加え、講師として活動したり、ホームケアセラピー講座も開催し、キヅキネットワークの思いを多くの人に伝えてくれている。

ホームケアセラピーを開催しているときに、母の腰をさすって喜んでくれた笑顔が鮮明に蘇った。

「そうか。こういうことをしたくてこの道に進んだんだ。」

思い描く夢と未来

彼には夢がある。

【障害施設の子どもたちに就労支援として自分の持つ技術を伝えたい。手に職をつけて直接「ありがとう」という最高のギフトを受け取って欲しい】

その夢に向かって彼の活動は続いている。

彼が開催するホームケアセラピーには毎回多くの人が集まっている。

家族を癒したい方はもちろん、彼の持つ夢が引き寄せたのか、福祉施設の職員さんやお医者さんなど、きっと彼のもつエネルギーに自然と引き寄せられたのだろう。

この出会いがまた彼の夢の実現に近づいて行ったのだ。

彼はまだまだ止まらない

師範として講師活動をし、協会の理事としても力を貸してくれている八幡先生。彼の存在は我々にとってもはや欠かせないものとなっている。
彼のもつ真っ直ぐさと行動力は誰もができないことではあるが、誰もが見習って欲しい部分である。

ちょうど先日、八幡先生とゆっくりと話す機会があった。

その時にもその夢の話が出てきて、変わらず真っ直ぐに突き進んでいる姿を見て、すごく感動させられた。

今その時を常に全力で過ごせる人はそう多くない。しかし彼は常に全力で走り続けている。そんな八幡先生なら近い将来、夢は現実となるだろう。これからも八幡先生を応援し、その姿を今後も見続けていきたい。そう思わされ、彼の魅力を再確認させられた時間だった。

夢を追う人の力になりたい

キヅキネットワークでは1226()2359分まで、新規入会キャンペーンを実施中。

↓↓気になる詳細はコチラから↓↓

年に一度の大チャンス!入会金48%OFF!新規入会キャンペーン開催!!この度キヅキネットワークでは 本日から12月26日(日)23時59分まで 年に一度の入会金が48%OFFになる新規入会キャンペーンを...